「ライフオーガナイズ」とは?

「ライフオーガナイズ」。この言葉を聞いたことはありますか?

ライフオーガナイズとは

ライフオーガナイズは、英語の”Life Organize”のことです。

“Life” は、人生や暮らし、生活のこと。そして”Organize”は、日本語では一単語の訳語がありませんが、辞書をひくと「整理する、組織する、編制する、(…を)(…に)組織する、計画する、(計画して)催す、(…を)責任をもって調達する、(…を)体系づける、まとめる、考えを集中する、気を静める」(出展:http://ejje.weblio.jp/content/organize)とあります。ただ単に「片付ける」というよりは、「計画、準備をして、整理整頓する」というニュアンスが強い言葉です。

日本で、「ライフオーガナイズ」という言葉を提唱し、商標登録したのは、2008年設立の一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会です。協会での「ライフオーガナイズ」の定義は、

『空間や暮らし、人生を俯瞰し仕組み化する技術』

俯瞰(フカン)とは、全体を捉えること、仕組み化するということは再現性を持たせるということです。つまり、

住居・生活・仕事・人生等あらゆるコト、モノを、効果的に準備・計画・整理し整えること

です。

より簡単に捉えると、「自分がもっと楽に自分らしく、生きられるようにしていくこと」がライフオーガナイズです。

ライフオーガナイズのポイント、メリットとは

私たちの『ライフ(暮らし、生活、人生)』には、色々なモノゴトが関わっています。それを『オーガナイズ(自分にとって「ちょうどいい」に整えること。)』していくことで、もっと楽に、自分らしく毎日が送れるようになります。

人生、毎日の暮らしにはいろいろなことが関わっています。家、仕事、食事、育児、情報、服装、掃除、心、美容、健康…列挙しきれませんね。何が大切か、何を選ぶのか、その基準は、他人とは違って当たり前。本来は自分の価値観を大切にするところです。

ただ、最近の私たちを取り巻く環境は、色々なことが過剰にある状態です。本来は、私たちの暮らしを豊かにするために発展してきたモノやコト。しかし、今の私たちは多すぎるモノ・コトを管理しきれずに、持て余していたり、ストレスを感じたりすることが増えているのではないでしょうか?

そこで、暮らしを、「自分にちょうどいい状態」になるように整え、維持できるような仕組みを作ります。ここで大切なことは、自分の価値基準を自分で把握していることと、自分に合った方法を採用することです。そうすると、家の中をストレスフリーな状態で維持できるようになります。片付けに追われていた時間やモノを探す時間が減り、その分自分の好きなことに時間を使えます!さらに、時間に追われなくなるので、イライラが減って、晴れやかな気持ちで過ごせます!

このオーガナイズの一番の鍵は、自分にとって心地いい、ちょうどいいということ。他人の価値観ではなく、自分にちょうどいいところにゴールを設定することが大切です。意外にも、私たちは「世間体」「常識」「親からの教育」など、自分が心から求めていないことを「当たり前」、「やうべきである」と思い込んでいることがあります。

自分の価値感で暮らしや人生を選んでいくことで、もっと楽になり、自分らしさを大切にできるようになります。その結果、まずは笑顔で過ごせる時間が増えていきます!そうすると、一番近い家族にもいい影響があり、気持ちよく日常が送れるようになっていきます。そのいい影響は、お友達、仕事関係の人など、どんどん波形を描くように周囲にもいい影響がありますよ。

関連記事

  1. 片付ける目的は?片付いた部屋を手に入れるための片付けはNG!…

  2. 片づけを成功させたい!片付けるためには順序が大切