整理&仕組みのヒント

片づけを成功させたい!片付けるためには順序が大切

片付けても片付けても片付かない!

片付けに苦手意識がある方には、共通して「今まで片付けに挑戦したけれど、リバウンドをしている」という経験があります。自己流の片付け、雑誌や書籍、ブログやテレビなど巷に溢れている情報を参考に片付けをしても、またリバウンドをしてしまった。そんな経験ありませんか?

この「リバウンド」には、様々な原因があります。1つ1つの細かい原因はともあれ、ただ、1つ根本的な間違えをしてしまうと、どうやって片付けたとしても片付け終わることはありません。それは、片付けの順序です。

 

片付け成功のカギとなる、片付けの順序とは

そもそも、一言に「片付け」と言っても、その中には様々な行為が含まれています。片付けに関係する単語がいくつもあることをご存知でしょうか。例えば、「片付け」、「整理」、「整頓」、「収納」。これらの単語は、それぞれ異なる行為を表しているのですが、違いをはっきりと説明できますか?

まず、「広義の片付け」には、毎日することと、その土台となる環境づくりがあります。

  • 毎日すること
    • 片付け:使ったものを元に戻すこと
    • 整頓:使いやすく整えること
  • 片付けやすい環境づくり
    • 収納:場所を決め、家具や容器(収納用品)に入れて収めること
    • 整理:乱れた状態から、不要な物を取り除き、整えること
    • オーガナイズ(思考の整理):自分の理想の生き方や価値観を整理し、ゴールや計画を設定する

このように、それぞれの言葉は違う行為を表しています。そして、これらは、ピラミッドのように積み上げていくことで成り立っています。

図出典:『ライフオーガナイズの教科書』※右側の説明書きの言葉は一部改変

下から順番に行っていくことで、毎日の整頓や片付けがしやすい環境を作ることができます。

散らかった部屋を前に、ついつい衝動的に物に手を出し、要らない物をゴミ箱に捨て、要るものを収納にキレイに並べる…こんなことを並行して行っていませんか?

各ステップを混合して片付けをしてしまうと、全てのステップが中途半端になってしまうことがよくあります。その結果、途中で挫折してしまった、片付け終わったが、すぐに元通りになってしまったなどということになりかねません。

まずは、一番下の「オーガナイズ」(思考の整理)から。何が自分にとって必要なものなのか、どこまで片付ければいいのか(ゴール)など明確にしてから片付けに取り組むことで、自分が求める理想の環境へ効率的に整えていくことができます。

関連記事:オーガナイズ(思考の整理)とは

関連記事

PAGE TOP